日本は私達に扉を開いて

日本の入国制限について~日本留学を希望する学生たちの窮状と日本への思い

私たちのミッション

日本語を学ぶ人は世界に300万人以上いると言われています。その中で、日本留学を目指す人は年間で約4万人、1%に過ぎません。その貴重な人たちが、コロナ禍の入国制限に阻まれ、来日できずにいます。

彼らの多くは、何年もかけて日本留学を目指して準備してきた若者たちです。観光やスポーツイベントのために来日する人たちとは質的に大いに異なり、これから日本の一員あるいはパートナーとなる人たちです。

コロナ禍にあっても、海外では留学生受け入れが着々と進められています。このような現状を鑑み、日本留学を目指しながら裏切られた思いで過ごしている多くの若者の声を届け、日本が冷静な受け入れ議論へと進むことを心より願い、本サイトを立ち上げました。

新規入国の留学生によるクラスターは発生していないこと、非常にコントロールされた受け入れ体制が整備されていることをご理解いただき、留学生の入国にご協力いただけることを目指します。

日本語を学び始めて7年になります。2020年の冬にすべての試験を終えたにもかかわらず、税金を払い続け、大学に留まっていました。日本の現代女性文学に関する修士論文を書こうとしているので、日本が開国して入国できるのを待っていました。私は人生のすべてを日本研究に捧げているので、将来的には日本で働き、日本に住んで、日本文学の博士号を取得したいと思っています。

私は奨学金を1つ失い、さらに6ヶ月待たなければなりません。私はすでに人生の6ヶ月間、いくつかの仕事や教育の機会を失っています。最悪のシナリオで、2つ目の奨学金も失い、人生の1年を失うことです。

約1億3千万人の人口にもかかわらず、日本の経済産業省は、2030年までに789,000人のエンジニアが不足すると予測しています。このギャップを埋めることができるのは、外国人エンジニアだけです。機械工学を修了した私は、このギャップを埋めることができますし、この方法で、私や、日本に来ることを夢見ている他の国の多くの友人たちが、日本の経済や社会の改善に貢献できるのです。

あなたは日本への入国を待っている学生ですか?

 学生が最終的にいつ日本に入ることができるようになるかの答えと時期について日本政府に働きかけるのを手伝ってください。現在の入国制限が留学生に与えた影響についての認識を高めるために、あなたの話を共有してください。

要望書

2021 年 12月 2 日更新

コロナ禍の日本留学の扉を開く会

新たな変異株の出現による再度の入国停止措置について、暫定措置との理解でおります が、状況が明らかになり次第、⻑く待機している学生たちの 1 日も早い来日の実現に向け て、以下の通り要望いたします。

  1.  早急な受け入れロードマップの提示
  2.  留学生の入国制限の早期再開と、円滑な受け入れのための審査簡素化
  3. 「段階的受け入れ」の撤廃
  4.  留学生の恒常的受け入れ(外国人差別、私費/国費の区別撤廃)

 

1. 早急な受け入れロードマップの提示
(ア) 暫定措置として、期間は示されたが、再開の目処やビジョンは示されないままである。

    感染拡大による1ヶ月間の停止という昨年末の発表以来、五輪開催や選挙により実質
    的に停止状態が続いている事実は、留学生はじめ関係者の日本への信頼を大きく損ね
    ている。

(イ) 日本留学を目指す学生たちの将来設計のためにも、緩和のための具体用件やスケジュ ールの提示により、彼らに人生の選択のための判断材料を示すことが求められる。

 

2. 留学生の入国制限の早期再開と、円滑な受け入れのための審査簡素化
(ア) 停止中の再開の判断はできるだけ他国と歩調を合わせ、留学生の早期再開への行政努 力を期待する。入国手続申請の停止は解除し、再開と同時に入国できるような配慮を

望む。
(イ) 昨年同様、入国にあたっては、留学生本人と受け入れ機関それぞれの誓約書提出およ

び、隔離等の検疫措置で十分である。一人一人の計画書(入国前の情報は仮情報とな り、形式的)や事前の審査済み証明書の発行は、膨大な時間と労力を費やす一方で検疫 上の効果とは無関係であり、円滑な受け入れを阻害するのみである。

 

3. 段階的入国措置の撤廃
(ア) 日本語教育機関6団体の報告通り、昨年の COE 保持者の多くが日本留学をキャンセ

    ルしたため、今年受け付けられる学生の数は当初の予定ほど多くないことが判明して

いる。今回の停止措置により、さらに延期となる留学生たちの損害は甚大である。 (イ) 学生の入国延期や見合わせに加え、海外の空港や路線の状況の不安定さから、日本側 の段階措置による受け入れは予想通りとはならない。1日 3500 人〜5000 人という入

国者数制限だけで、十分である。


4. 留学生の恒常的受け入れ(外国人差別、私費/国費の区別撤廃)

(ア) 新規入国受け入れ停止措置については、WHO の談話を待たずとも海外からは差別的 と受け取られている。日本人や在留資格保持者の出入国は認められており、防疫的観 点から⻑期滞在者としての新規入国者と日本人・在留資格保持者との違いの合理的根 拠は認められない。

(イ) 今回の入国停止後、国費留学生は受け入れるとの情報に、多くの私費留学生は衝撃を 受けている。防疫措置的に国費と私費にどのような違いがあるのか。ポリシーをお示 しいただきたい。

誰が入国できますか?

入国できるグループ

日本人

外国人居住者

MEXT (国費)留学生

JICA留学生

JET Program teachers

EPA(経済連携協定)

DJ (tinyurl.com/ygnz44zv)

アスリート (https://tass.com/sport/1346907)

モデル、ダンサー、プロレスラー、など

入国できないグループ

私費留学生(日本語学校、大学、交換留学、など)

労働者

家族

カップル

観光者

ロビン

アダムズ - IALC(世界語学学校協会)会長(カナダ)

林 俊宏(リン シュンコウ)

傑士達文化事業有限公司 (J’STUDY) 代表(台湾)

ヨンファン

クォン - Go! Go! Hanguk Live&Study in Korea カントリーマネージャー(韓国)

Previous
Next

メディア、行政の皆様へ
取材大歓迎!

記事や動画の作成に必要なコンテンツを提供し、サポートします。